肥満していると、高脂血症が発症する確率が高くなります。肥満と高脂血症は、関係しているのです。肥満は、脂肪のつき方で2種類に分類することができます。皮下脂肪型と内臓脂肪型です。皮下脂肪型は、皮膚の下に脂肪がつくもので、女性に多いと言われています。内臓脂肪型は、内臓に脂肪がたまるもので、男性に多いと言われています。この2つのうち、高脂血症に関係があり問題があるのは、内臓脂肪型です。内臓脂肪型は、見た目ではあまり太っていなかったり、お腹周りだけ太っているのが特徴です。そのため、検査で指摘されて初めて気が付く人も多くいます。内臓脂肪型は、内臓脂肪が多いため、肝臓に流れ込む遊離脂肪酸が増えてしまい、合成される中性脂肪の量が多くなります。そうなると、血液中の中性脂肪が使われずに残ってしまい、血液中に中性脂肪が多い状態が長く続きます。結果、動脈硬化を発症するリスクが高くなってしまいます。また、遊離脂肪酸が多くなることで、血液中の糖が脂肪に合成されにくくなるため、血液中に糖が多い状態が長く続きます。結果、糖尿病や高血圧になるリスクも高くなってしまいます。内臓脂肪型は、高血圧、糖尿病、高脂血症など、動脈硬化を進行させる可能性が高くなっていきます。それぞれの病気の程度は軽くても、複数が組み合わさることで、動脈硬化を進行させてしまうことがあります。動脈硬化は、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの危険な病気の引き金になります。肥満は、高脂血症だけでなく、他の生活習慣病とも関係しており、それらを発症する確率を高めてしまいます。そういった肥満に関係する病気を予防するためにも、肥満を解消することはとても大切なことです。