現代人は食生活が欧米化しており、運動をすることも少ないので、肥満気味の人が多くなっていますが、肥満と糖尿病の関係は密接で、肥満であることは糖尿病を発症する大きな要因の一つとなっています。
では、なぜ肥満であることが糖尿病につながるのかというと、すい臓から分泌され、血糖値を下げる働きをしているインスリンというホルモンが関係しています。
糖尿病というのは、このインスリンに異常が起きて血糖値が下がらなくなる病気で、肥満の状態だと血糖値を下げるために大量のインスリンが必要になります。
インスリンには、身体についている脂肪が多いと脂肪組織から分泌されるホルモンの影響で、血糖値を下げる効き目が悪くなるという性質があり、その効き目の悪さをカバーするために大量のインスリンを出そうとします。
そして、インスリンの分泌が一定の量を超えた非常に無理をしている状態が続くと、インスリンを分泌しているすい臓が疲れ切って機能が低下し、血糖値を十分に下げられないという事態に陥ってしまい、糖尿病になるというわけです。
ここで述べてきたことを踏まえ、肥満であることは、糖尿病になる危険なサインだと考えてしっかり対策することが大切だと言えます。